配達記録

バカにならないんですよ

今休職中の会社ですが、毎月のように何やらかんやらで郵便の行き来があります。

どれも再発行可能なもので、特定個人に充てた書簡ではないため信書にはあたらないので良いのですが、それでも出した届いてないのやり取りは面倒なので、必ず配達記録がついているレターパックライトを使用していました。

レターパックライトは配達記録がついていて、規格は34cm×24.8cm×3cmの寸法で中身は4キロまでとなっています。
今までそんなに重いものを送る機会もなく、かといって定形郵便A4サイズに配達記録をつけたら同じような金額になるので、『まあこんなもんか』と思って使っていました。

月に一度レベルであれば特に気にもしなくていいのですが、2週に1回とかで郵便物が行き来したりすると結構気になってきます。
ですので、チケットショップで15円引きで買ったりして、少しでも安く済ませようとしていたのです。

でもね、やっぱり調べるときはちゃんと時間をかけて調べないといけないですよね。

いままで、カタログなんかが届いたときのことを思い出せばよかったんです。
普段から頭を使うようにしていれば、立ち止まって考える必要は無いと思うのですが、僕の場合は考えるという事が後回しになりがちなタイプなので、考えるときは立ち止まらないといけないです。(^^;)

クリックポストが最強

信書ではないんですから、もっと安いサービスがあるんです。
その名も日本郵政のクリックポスト。

カタログなんかはほとんどこれで届いています。
特に、クロネコヤマトがメール便を廃止してしまいましたからね。

ちなみに、運賃は164円。

安っ!!
規格は長辺34.0cm、短辺25.0cm、厚さ3.0cmで重量は1キロまで。

書類のやりとりで、なおかつ信書で無いならクリックポスト一択です。

おまけに発送するときに切手を貼らなくてもいいというのが便利です。
ヤフーのアカウントと決済が出来るようにしておくだけですから、大抵の人は使おうと思ったらその日のうちに使えるのもいいですね。

クレカ決済もしくはデビットカード決済となるんですが、1個だけ問題が・・・

その問題というのが、バーコードがきちんと読めなかったときには引き受け不可となって送り主に返送されてしまうんです。
過去に一度雨で濡らしてしまって、バーコードが汚れたことがあってその時戻ってきた経験そしてからというもの、必ず印刷にはレーザープリンターを使っています。

レーザープリンターであればにじみはよほどでない限り起きませんからね。(^^)
若しくは顔料インクのインクジェットですか。

この点だけはトラウマとして記憶に残っておりますが、その点だけ除けば最安のサービスですから使わない理由もありません。
おまけにサービスレベルも多めに見積もっても、ゆうパックの必要日数の+1日程度です。
逆にその日数で付かない場合は、未着になる可能性が高いので早めに確認をしたほうが良いですよね。(^^;)

漫然と金を使うのはお金があるときに限ります。
もう、今は貧しい生活にどんどん突き進んでいるところですから、1円でも安いものが有ったら変えていかないといけないですからねえ・・・ (-_-;)



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする