ゆうパックで得しよう

荷物の受け取り

ヤマト運輸が今までの放漫経営のツケを一般市民に押し付けて労働環境の改善という事で運賃をガンガン上げだしたわけです。

日本郵政も日本通運、佐川急便も同じような方向に向かっていくでしょう。

だって平成の世の中でも、多分路線運賃を含めた運賃タリフは昭和40年代のままでしょうからね。(^^;)
僕が勤めていた時点ではそうでしたし、運賃改定なんてそうそう行えませんから多分同程度だったんではないかと思います。

本来なら今回のようなことにならないように、大口荷主ときちんと話をしていけば良いのですが、やはり業界の特性と言っても良いと思うのですが、あまり目先の利かない人たちが多い産業はこのように後手に回りがちですよね。

同様な流れに乗らないといけないはずの日本郵政さんは、荷物受取でコンビニを指定すると50円くれるそうです。

キャンペーンですから期限があるのですが、今年の9/30までとなっておりますので、アマゾンからの荷物を受け取る機会が多い方には朗報かもしれませんね。

運賃はアマゾンが持ってくれるのに、さらに50円もらえるわけですから。(^^;)

条件はきちんと確認しよう

「郵便局・コンビニ・はこぽす」で受け取ろうキャンペーン開始ポイント貰える

No Description

普段買ってるものの種類にもよるんで一概には言えないんですけど、僕なんかはPCSパーツとか本や薬品が多い関係で、重いものって殆ど無いんです。
水とかコメとかを頼む人なんかは配達が便利なんでしょうけど、軽いものを頼んでるならいっそコンビニ受け取りにしたほうがいいんじゃないかと思うんです。

いらない箱とかをコンビニで捨てることができれば最高なんですけどね。

もう、午前中指定とか色々と相手の都合と自分の都合を考えたりするのも面倒になってきたんで、どうせコンビニには行こうと思えば行けるでしょ?(^_^;)
50円の値引きがインセンティブとして働くかは人によりけりですが、僕的には別に取りに行ってもいいよ的な感じで思っています。

銀行とか保険と同じ道

各社で競争をしてるつもりかもしれないけど、ヤマトや日通、郵便局など最終的には日通・ヤマト郵便局HDかなんかに落ち着くんじゃないですかね?
三菱UFJみたいな感じで。

結局、銀行も保険も競争してるようなフリはしてたけど、実際ちゃんとしてなかったから合併したわけですし、人口ボーナスがなくなってしまった国内経済の勢いを見る限りでは、過剰なサービスの提供は既に無理なところに来てるんでしょう。

今後コンビニとかファミレスとか、普段の生活をする上で便利さを提供してきた業界の再編というのが始まるのかもしれないですね。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする