今がチャンス!

とにかくゆっくり休む環境づくり

自分を変えないと死んじゃうかも?と思いながらも、中々日々の生活をしていると変わることって難しいですよね。

僕は今はじっくりとお休み中ですから、色んなことを考えられる日は考えて、考えられない日は考えずにぼーっとしたり、外を歩ける日は歩いてみたり、本当に自由な時間を過ごしています。

気をつけているのは、不眠が原因で朝と夜の時間がずれていきそうになるのですが、そこは絶対に譲らないようにしましょう。
昼夜逆転したら負けです。治るものも治らないと思います。
あと、日中の飲酒はできるだけ避ける。
何故ならアル中になるかもしれないから。

今回の記事は、夏休み前のしおり的な感じかもしれませんが、役に立つことがあったらうれしいですね。

これも会社に『ゆっくり休んでほしい』と言わせられるかどうかが一つの関門ですね。
こういうことを普段から言ってくれるような公務員とかそれに準ずる法人など、超絶ホワイト企業は別として、普段我々民間人が労働で関わっている法人は、「働かないやつは食うべからず」思想を持っていますから、休みだしたら結構面倒臭いですよね。

「ねえねえ、いつから会社来るの?」
「会社来ないんなら、一回キチンと退職して、体治して戻っておいでよ。」
「ゆっくり休めるように退職金の計算書を持ってきた」

・・上記3点は僕が休みだした時の話ではなく、過去に上司が倒れた時に、休んでる期間中にこと有る毎に自宅を訪問されて、辞めてくれないか?という話をされたと聞いたことがありました。

僕はそれを横で見ていたので、やっぱ弱ったら色んな敵が社内から出てくるんだなあ・・と感じましたね。

自分のところに人事がやってきた時の対応は想定していたよりずっと緩かったんで助かりました。

退職勧奨はどういった形であっても1回はあると思いますが、その際にはいきなりボスキャラは出てこないと思います。(社長が何でもやる会社とか、家族経営系は関係なくガンガン来ますけど)
もし、退職勧奨を受けた際の対応の仕方としては、以下の点をしっかりと紙で渡してあげることでしょうね。

①病気を治すために休みたい
理由、診断書、今後の展望などを軽く書く
②会社からの業務連絡は電話でなくメールにしてほしいと頼む
障害の程度が重く、電話で問い合わせをされても頭のなかで言いたいことがまとまらないことが有るので、面倒かもしれないが紙で連絡を貰えないだろうか?
メールアドレスを専用のものを書いておき、携帯でも返信できるように設定しておく。
③現状では精神状態が安定していないことを理由にして、重要な話は書面でくれと強く言う。
休職のための診断書提出とか、傷病手当の診断書提出とか、問い合わせ事項に対する書類の行き来など、メールでも済むものもあれば、原本を送らないといけないものも有るので、休暇中も結構何かしら会社関係でゴソゴソやっていますね。

本当に治療に専念するなら、もう少し接点を減らしてほしいところですが・・(^_^;)

休めるようになったら

先程も冒頭で書きました通り、とにかく魂の平安を祈るような生活を心がけます。
・・といっても、うつが出てくれば無感動になってくるわけですし、躁状態になったらクスリでテンションを落とす努力をするわけですから、休んでる間の8割はうつなんですかね?

休職・有給消化・傷病手当受給・・・etcと順調に時間は流れていきますが、一応、診断書を出しさえすれば大概な会社じゃない限りきちんと休めると思います。

また、会社とは十分なコミュニケーションが取れない、取りたくない場合も多々あるでしょうから、電話は極力やめてほしいとお願いしておくことをオススメします。

僕の場合は、最初の休みだす前の最後の1週間で、自分の進行中全ての案件をリスト化して上司に説明したあと、会社支給の携帯・PCはすべて会社において休みました。
その後休みだしたあとは、たまに私物の携帯電話がかかってきて色々と状況などの報告なども受けていたのですが、「これじゃあ出勤してないだけで会社に出てるのと大して変わんねーじゃん?」ってことで、文書で「精神状態が不安定なので連絡事項は全てメールにしてください」としたところ、大幅に少なくなりました。

それだけ、どうでもよい連絡が多かったということです。(^_^;)

まだ、自分自身でも出来ていないんですけど、折角の機会なんでじっくりと
①自分がやりたかったことは何だったのか?
②自分的には今までの人生は何%程度の満足度なのか?全部否定するほど悪い人生でもなかったので、何%を自分が肯定するのかとっても興味がありますね。

考える時につい2択とか3択にしてしまいがちですけど、人生とかの満足度って2択で出すには辛いものが有ると思うんで、一度ポジティブな側面、ネガティブな側面を書き出してみると面白いのかもしれませんね。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする