化粧水の効果と反省

自作化粧水の効果

この間、作り方を書いてた化粧水ですが如何でしょう?

逃げてばかりのだめ人間だけど、あともうちょっと逃げ続けるよ!!借金がちょっと多めなので資産家の人がいたら少し分けてほしいです。マジで。

どなたか騙されたと思って作ってみた人はいらっしゃったでしょうか?

とても調子がいいんです。

アトピーと言うほどではないですが、中年以降は乾燥肌に悩まされる方が多いと思います。
これなら、結構な量塗ってもタダみたいなもんだし、何より痒みをすこしずつ軽減できるのでやってみてくださいな。

梅雨に突入しておりますので、ある程度湿気が増えてくる季節ではあるのですが、保湿はこのジメジメしている時期でもやっておく必要がありますので、常備品として作っておけばいいんじゃないでしょうか?

ちなみに僕はこの間のレシピをちょっとだけ変えまして、風呂上がりの爽快感のために、ハッカ油をもう少しだけ多くしています。
風呂上がりにハッカ油の入った化粧水を体に塗って、扇風機に当たると非常に爽快感が広がって良いもんですよ。

あと、軽いテロとしてこのハッカ油を一瓶風呂の中に入れたら、水温は40度でも体感は水みたいに感じるので試してみて下さい。
あとの掃除が大変だと思いますから、自己責任にて。(^_^;)

頭皮のかゆみ

頭のかゆみにも効きますよと言っておりましたが、意外なとこで整髪料としての効果もありました。

頭のかゆみがぴたっと止まると同時に、重曹の効果で加齢臭もしなくなりました。
ただ、問題はアルカリ価が高すぎるせいでしょうか?
髪の毛が全体的にゴワゴワするような感じになっています。

元々髪の毛が華麗とともに柔らかくなっていたのでちょうどいいかと思っていたのですが、やはりちょっと気になるので調べておりましたら、石鹸シャンプーを使っている方々が同じような経験談を記事にされておりました。

対策としては中和してやることが大事ということで、クエン酸水などを使用してリンスをしていたりするようです。
このあたりは、果たしてそうすることが正解なのか、はっきりとわからないので一度試してみるしかないですね。

せっかく重曹で匂いを消したと思ったら、中和することによってオッサンのニオイが復活!!ということであれば、少々の髪の毛のゴワゴワは我慢するしかありません。

それだけ自分の加齢臭には嫌気が差しておりましたので、このあたりは絶対に譲れないところとなります。

万能薬とはいかないまでも、1本数十円かからない化粧水で、乾燥肌と匂い消しと整髪料としての効果を併せ持つわけですから、少々のデメリットが有ったとしても、そのデメリットを補って余りあるのではないかと感じています。

特に、暑い時に外から帰ってきて、汗を拭くついでに化粧水で首とか顔を濡らして拭いてやれば凄くすっきりいたします。
メーカー品の香料水溶液とは違って、自分が素材を確認して作る楽しみというのは大人の科学にもつながるもので暇な時にやるにはちょうどいいと思うのです。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする