広島の宮島に遊びに行ってきたよ 宮島編(下)

宮島の観光場所

宮島の観光場所としては、いちばん有名なのは当然厳島神社ですが、それ以外はどうなのよ?と聞かれると、イマイチピンとこなかったですね。

ただ、隣にあるお寺さんで大願寺なんかも由緒あるお寺さんだったそうですし、というか、ここはわざわざ分けてあるのは明治以降の神仏分離によるもので、多分元々は毛利家がきっちりと面倒を見ていたんだろうと思います。

寒かったもので、あまり由緒などを見ること無くテクテク歩いてたんで、ごめんなさい資料写真がないです。

失敗したのは大聖院に行かなかったことくらいですが、時間的には何もないと思えば何もないところなのですが、きちんとメニューをこなそうとすると一日では少し時間が足りないくらいの感じになってしまうので、朝から計画的に動かないといけないみたいですね。

今回の旅行のテーマの一つが、できるだけゆるい感じでというのを決めていたため、あまり追い込まず行き当たりばったり感は否めません。

とりあえず、厳島神社を抜けた後は、昼飯で穴子丼を食べまして、それからロープウェイで弥山を登りました。

ロープウェイは風の強い日はちょっと覚悟したほうが良いような心もとないものでしたが、ハイシーズンだったせいもありすし詰め状態。
とっても大変でしたが、上がる時間も考えないと弥山山頂での所要時間が、山頂まで登って写真を撮ったりしつつで約1時間半程度ですので、あんまりゆっくりしていると今度は降りるときが大変になります。

ハイシーズンの夕方などは山頂でロープウェイの順番待ちは結構寒くてシンドいんじゃないでしょうか?

で、降りてくるとちょうどいい塩梅で、今回の日程では潮が引いておりまして干潮の宮島が見れました。
どうせなら満潮と干潮で見ておきたいですからね。

広島市内に戻るには

ここが悩ましいところです。
広島市内のワシントンホテルに宿を取っていたのですが、宮島からフェリーで対岸の廿日市の街まで戻ったとしても、そこから広島市内まで路面電車で約50分。
JRなら20分程度で戻れるものの、電車の本数が限られていること、広島駅から市内の八丁堀電停まで戻ることを考えたらどっちもどっちという感じ。
むしろ乗り換えが発生しない分、路面電車に分があるのかな?という感じでした。

特に路面電車にこだわりが無ければ行き掛けに乗った世界遺産航路がちょっと高いけどラクできます。
降りたら原爆ドームですから、市内のホテルはほぼ徒歩圏内でしょう。

逆に、宮島での宿泊は値段的に高いことと、その利便性などを天秤にかけると釣り合っていないのでは?という印象を受けました。
特に、九州からの旅ですと、どうしても温泉が出ていなくて何故こんな値段になるの?新築でもないのに?とか、余計なことが気になってきます。
ですので、そういう意味では宮島で早朝参拝をしたいとかそういう目的がない限りは、島内での宿泊はどうなんでしょう?という結論になりました。

ちなみに広島ワシントンは2年ほど前に建ったばかりで新しかったのですが、風呂とトイレが別々ですを売りにしていたビジネスホテルでした。
嫁さんと行ったのですがツインルームで脱衣スペース的なものがないというのはいかがなものだろうか?という話で盛り上がりまして、結果、我が家内ではもう泊まらなくてもいいホテルランキングにランクインすることとなってしまいました。

良いところと言えば、街なかにあってお好み村がすぐ裏というロケーションだったのですが、お好み村があまり良い評判を聞かないため行かなかった僕達とすればあまり意味がなかったのかなあ?と。
逆に、少し遠くても東横インのツインのほうが良かったのかもしれません。

多分広島市内に夫婦で来ることはもうないでしょうから、まあ、記憶としては残さなくても良いような気がしましたけど。

ちなみにモーニングにはお好み焼きもありました。
あんまり美味しくなかったけど。(^_^;)

メシがうまかったお店

ワシントンホテルのフロントの方から教えてもらった「やまつみ」というお店がとても美味しかったです。
お酒も色んな種類を置いていたのと、カキを始めとした料理もしっかりと作られている感じ。


またホールを仕切っていた女の子も感じが良くて、とても楽しめました。
広島に泊りがけで来ることってなかなかないんだろうけど、もし、また来ることがあったら是非もう一度寄りたいお店です。

お好み焼きで有名な広島ですが、お好み村では写真のお店はあまり美味しくないとの話を数軒のお店で聞いております。

みんなが口をそろえて言うというのは、よほどなんでしょうね。(^_^;)



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする