乾燥しだしましたね

天候にかかわらず乾燥感がしてますね


ちゃんとこの時期になると乾燥肌対策をちゃんとしなかった罰として、首から肩が痒くなってきます。

今年も宮島に遊びに行こうかという計画を嫁さんと話し出す2週間ほど前からですから、今を遡ること3週間ほど前くらいからかゆみを感じるようになってきました。
面白いもので、雨が降っていても一度痒みを自覚したら、そのモードが解除されるのはそれ相応の期間が必要そうなところです。

そういう時には、緊急避難的に、夏に購入しておいたムヒSなどを塗って対応しておくのですが、一昨年くらいから乾燥肌対策を通年行なってきたおかげで、昨年よりも今年はずっと調子がいいみたいです。

化粧水の効果と反省
自作化粧水の効果 この間、作り方を書いてた化粧水ですが如何でしょう? どなたか騙されたと思って作ってみた人はいらっしゃったで...

今は頭皮の匂い消し用と兼用で使用している化粧水ですが、これのお陰でかなり肌のかゆみ対策には役立っています。
とにかく、40を過ぎると男女関係なく乾燥対策をしておいたほうが絶対い良いはずですし、一度材料を買っておけば最低でも1年は持つと思いますので、騙されたと思って作ってみてはいかがでしょうか?

・・というか、40すぎの時に痒くて痒くて仕方なかった背中をアルミの定規でゴシゴシこすっていたのがウソのように今ではかゆみを感じなくなっています。
ただ、首周りは衰えが激しいのか、毎年一番にかゆみを訴えだすところですね。
ちょうど洋服の襟などで皮膚がダメージを受けているせいなのかもしれませんけどね。

復習 化粧水の作り方

基本的に目分量です。
使ってみて足りなければ足すなり薄めるなりで、自分のベストな化粧水を作ってみましょう。

目標とする化粧水の濃度は5%~10%程度です。
※ただし、濃ければ保湿効果が高いかというとそういうものでもないようですので、5%程度で試してみてはいかがでしょう?

必要なものは以下のとおりです。
1.200CC程度の容器。(ダイソーで売ってるやつで上等)
※化粧水の空き容器があるなら再利用でも良いですね。

2.グリセリン

何はなくとも、保湿を歌う化粧水には必ずこのグリセリンが入っているはずです。
というか、グリセリンさえあればあとは自分で化粧水を作らない理由がないくらいです。
僕もこれを買ったのですが、1回あたりの使用量が少ないのでもう少し小さいやつでも良いかもしれませんが、まあ冷暗所においておけばそれほど劣化もしないでしょう。

3.精製水

僕は水道水を使っていますが、気になる方はドラッグストアとかアマゾンで買われてはいかがでしょう?
口に入れたりするものでもないですから、水道水で十分だと思うんですけどね。

4.ハッカ油

爽快感を楽しみたいのと、夏場は虫よけに使えるので通年仕様で使っています。
毎回スポイトで10滴くらいしか使えませんから、数年前のものをいまだに使っていますが威力は衰えていません。

5.ラベンダーオイル

不眠がちですので、ラベンダーオイルも化粧水に配合しています。
リラックス効果が高いということで・・

色んなオイルがあるので、ご自分の好きなものを混ぜてみてはいかがでしょう?
コチラのメーカーのオイルは瓶から直接滴下出来るので便利です。
大体1階に使っている分量は5~6滴ですね。

オイルの量は好き好きとして、200mlのボトルで5%程度と言えば、1回のグリセリン使用量は10ml程度です。
適当に水を入れて、大体5%程度かな?と思うくらいのグリセリンを入れます。
その後、お気に入りのオイルを数滴入れれば完成です。

ちなみにグリセリンの液比重は1.3で水よりも若干重いです。
オイルなどは0.8~0.9程度で軽いため、最初はしっかりと振っておくと良いでしょう。
グリセリンは水溶性ですので、長期間使わなかったとしても分離はしないのですが、オイルは多分浮いてきちゃうんでしょうから、使う前には振ったほうが良いでしょうね。

ちなみに、500mlのグリセリンを買うと、概ね1リットルの化粧水が作れてしまうわけでして、それをイメージしながら自分で毎回使うであろう量を割って考えたら経済的な量が計算できると思うのですが、あまり小さいロットにするとかえって高いものについてしまうのが悩ましいところですね。
このあたりはご自分の中で基準を作るなりして整理されて下さい。

大体、痒くなってからでは遅いのですが、それでも毎日風呂の後とか、乾燥を感じたら塗るようにしていましたら、1ヶ月を目処に何かよくなってきたなと言う実感があると思います。
逆に、それくらい続けてみてもあまり実感が無い場合は、乾燥肌ではなくアレルギー性の何かであったりする可能性もあるので、アレルギーの検査をやってみたほうが良いかもしれません。

年を取ってきて、首筋から粉が吹いてくるような感じにはなりたくないので、オッサン・ジーサンでも気を遣っておいて損はないと思いますよ。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする