鱧を買いに行ってきたよ

特急電車に乗って

夏場はやっぱりハモが美味しいよね。
・・ということで、特急電車に乗って豊前市のうみてらす豊前まで行ってまいりました。

家の近くのJRの駅から、豊前までの往復運賃は3,000円位。

そうまでして買いに行く価値があるのか?

あるんです!!

特急に乗っていけば、小倉から30分もかかりません。
普通列車なら特急料金がないぶん割安になるわけですが、1000円程度の違いで時間は倍以上変わってまいります。
・・ということは、特急料金を払ったほうがオトクなのではないか?と半ばJRに騙されている気がしますが、まあ、車で行くのも大変ですし、何より酒が飲めないので電車はサイコーだね!!って話です。

駅から歩いてみた

Google Mapで見たらそんなに離れてない感じでしたので、とりあえず歩いていってみました。
帰りも歩いたわけですが、周りに見るべきものがあまりないので天候の悪い日などはタクシーが便利です。
・・というか、この炎天下中に歩くのはしんどかったです。

ちなみに、ハモを入手して自宅まで帰り着くのに約1時間は確実にかかることから、持ち帰り用の事も考えておかないといけません。

値段的には特に高くもなく安くもない、まあフェアバリュー的な感じのものも有るようです。
あったら便利な気もするのですが、年間の稼働率を考えるとちょっと惜しい気がします。

そもそもハモなんて夫婦二人で腹一日食える量なんて高々知れてるわけですし、今回はリュックサックに保冷剤をタオルで巻いてビニールに入れた状態で勝負してみました。
帰りは多分お店に氷があるでしょうから、それを追加すれば十分だろうと。

話がそれました。

漁港の横には工業団地があって鉄工所がちらほらある中をあるいていますと、突然のようにお店が出てまいります。
それだけ漁港が小さいということでしょうが、まあ、豊前という土地柄、すぐ横には大分の中津市も控えていることであまり目立たないっちゃ目立たないところです。

ハモを加工してもらったよ

僕がお店に行ったときには1000円から1600円くらいの幅がありましたがいっぱい在庫がありました。
休日等はすぐに売り切れちゃうそうなので、営業時間を確認した上で早めに行かないとダメみたいです。

さて、今回ハモを買いに行こうと思いついた時点で、最悪、自分で骨切りをしないといけないかなあ・・と思い、自分でできるものなのかをネットで検索してみたところ、骨切り自体は1寸に25本の切れ目を入れて云々・・と解説してあるサイトも有りましたが、やる気があれば出来ないことはないと言う結論に達しわざわざやってきたわけです。

で、実際お店についたところ、加工料200円/匹の手間賃を払うと骨切りをしてくれるそうなんですね。
こんな機械で。

わかりにくいですね。

青い丸で囲んだのが購入して腹からさばかれたハモです。
黄色のまるで囲んだのが、ただのステンレスの板にしか見えないのが包丁で、赤で囲んだハンドルで厚みの調整をします。

1匹あたり30秒もかかりません。
手間を考えたら200円は安いよねと思いながら見ていましたが、平日でも加工の順番待ちで10分ほど待ちましたから休日等は大変な待ち時間になるのが想像できます。

水槽の写真を取るのを忘れてしまったのですが、活き締めにするのも目の前でやってくれます。
(血が嫌いな人とかは見ないようにしてね)
2枚めのやつは脊椎のところの神経をワイヤのようなものでグリグリ・・としているんですが、これをすることで死後硬直をすることがなくなるそうで美味しく食べられるのだそうです。

とにかく面白く拝見させてもらったのとハモを2本と蒲焼に加工したものを1本分購入して、加工賃入れて3000円ちょっとです。

お店で食べられるグレード以上のものが運賃を入れても十分お釣りが来そうなクオリティでした。

先程ネットで検索していたのですが、こういうバッグを持っていればあまり大ゲサでもなく良いのかもと思った次第ですが、リュックサックに入れて氷も現地調達したものを持ち帰りましたが、それほど氷も溶けずに、かつハモの身も氷ヤケしてませんでしたから当面はリュックサックだけで十分なのかも知れません。

お店の人いわく、骨切り後は冷蔵庫での日持ちは期待しないほうがいいそうで、冷凍なら1週間位は十分行けるとのことでした。
現在1匹凍結中ですが、今週末にでも食べようと思っています。

また盆前に買いに行こうと思っています。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする