自分の夢。100個書いてみようか

結構、前から存在は知っていたのですが、やっとこの間読みました。

確かに、自分の中にある夢とか、その先の道しるべ的なものなどをこの10年くらいは何も考えていない生活だったように思います。

ただ、生活するために生きているって、結局カゴの中の鳥なんですよね。
でも、カゴの中にいる限りはおなかがすくこともなく、誰かから捕食されることもなく、つつがなく暮らしていけるわけです。

それが良いことなのか悪いことなのかはさておいて、それを自分が仕方ないこととして許容できるかどうかなのかなあ・・と思います。

本の中では、夢を100個書くという項目なんかがありますが、100も書けないですね。
本当に無欲なんだなあと思いました。w

それと、自分は本当に生活のために生きている、ただの死人みたいなもんなのかなあと少し悲しくなりました。

今日、思いついたのがこんなのしか無いんで、『こいつ怠けもんのくせになんか横着なこと言ってるな~』とか思われるでしょうが、一度皆さんも書いてみることをお勧めします。

1.会社を辞める
2.ボランティアを始める
3.クロスバイクを買う
4.一日自転車で30kmくらい走る生活をする
5.体重を72kgまで落とす
6.1年に3冊の割合で本を作りたい
7.ベンツのEクラスを乗ってみる
8.近くの大学の空き家を購入して不動産経営をしてみる
9.日本全国の寺社仏閣を見て回る
10.一眼レフカメラを勉強したい
11.金融資産をドルで海外に持ちたい
12.ベトナムに滞在してみたい
13.マレーシアに滞在してみたい
14.インドネシアに滞在してみたい
15.
16.
17.
18.
19.
20.

逆に、書いてるうちに、これとこれはやろうと思えばできるだろ?と思うことができるので、今日明日にでも頑張って書いてみることにします。

こういうのはいっぱい書いたところで、それを手に入れるために頑張っても手に入らないかもしれませんが、書いて明文化してみないと、果たして実現可能なのかさえ判断が付きにくいのではないかと思います。

お金が欲しいと思えば、それをまず望まなければ、絶対に手に入らないわけですから、じゃあ今の自分は何のために何が欲しいとか、定期的な棚卸が必要だと感じましたよ。

あと、勉強になったのは、目的・目標・ゴール・ビジョンの定義ですか。
これらについては、時系列的な解釈の仕方に依ってくると思うんです。
ですので、まずは100個の夢を書いてみましょう。

多分、その中で今から取り掛かることができるものがいくつかあるはずなんで、まずそれをやってみる。
できるものからやっていく。
死ぬまでの間に、その100個書いたやつが1個でも多く減っていたら、たぶん全部できていなかったとしても結構満足感のある人生になるような気がしました。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする