鬱になってよかったと思うこと

職場に復帰いたしまして、ぼちぼちでやらせてもらっております。

うつでの休業期間中にタバコをやめてしまいましたので、喫煙所に行くこともなく、同じ席から動かない状態です。
これって、うつで休んでる時のほうが体動かしてたかもしれない!!
・・などと思いつつ。

鬱になってよかったなあと思うことがいくつかあります。

ひとつは、自分がやらないといけないって仕事に対する強迫観念がなくなったこと。
二つ目は、仕事を辞めたいではなく、辞めた時のことを一生懸命考えることができたこと。
最後の三つめが、もしこのまま鬱で休んでなければ、死んでたかもしれんなあと思えるようになったこと。

うつ病って、安全装置みたいなものと考えたら気が楽になるんじゃないですかね?

自分もまだ完治しているわけではないのに、達観した感じで「よかった」と言いて良いのかはちょっと迷うところではあるのですが、休みだす前のまんまでずーっと進んでいたら、発作的に死んでたような気がします。

逆にその時の自分に問いただしたいのですが、会社の仕事って命を懸ける価値があるのか??と。
君は生活のために働くことを洗濯したんじゃないのか??と。

でもまあ、半年後に同じ見出しで記事が書くことができれば、治ったのかなあ?と自分でも思えるんでしょうね。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする