自律神経失調に効く薬

自律神経失調症という症名はかなり難しい症名ですよね。

場合によっちゃあ、「気のせいみたいなもんだろ!!」とかいう会社もあるらしいです。
ブラック感でてますね~

僕のお世話になってる会社は、「!!」空気が張り詰める感。
休みだすまでの超過労働時間が100時間超が3か月ほどあったり、残業時間の管理が本人任せになっていたりと、休みだしてから色々と「大丈夫??」との連絡がきたもんです。
もっと早く対策せーよ!!



結局、一人一人に仕事を任せすぎており、だれがどのような仕事をどれくらいの出力で続けているという管理者がいないのが問題。
あと、開発も市場サービスも、なにかあればとりあえず「営業が行け」「営業が悪い」。
まさに身内からもお客からも撃ってくる鉄砲の弾に気を付けないといけないようじゃ、具合の一つも悪くなるものです。
システム自体が社内でも変わってはいないようですので、結局また同じことの繰り返しになるんでしょうね。

大きく話がそれましたが、僕の場合で言えば、入眠障害と早朝覚醒・中途覚醒の頻度が高くなっていった結果、通常の横になっている時間では睡眠時間がきちんと取れなくなって、結果、ちょっと精神状態が不安定になりました、と。
運がよかったのは円形脱毛症ができたこと。

最初はお医者さんも適当に「今は梅雨時期で熱いからねえ・・」とか言ってたんですが、ハゲ見せたら「休めるなら2か月は最低休みなさい」といきなりマジモードに。
診断書は『「うつ」って書いたら社内的にもいづらくなるケースがあるから自立神経失調にしておきますよ』との配慮から。

基本的には寝ることがお仕事になるので、夕方くらいから寝る準備です。
抗うつ剤の「リフレックス」が自分が休んでる間、一番お世話になった感があるお薬ですが、こちらは抗うつ剤といいながら強い眠気を副作用として持っています。
まさにぴったりなんで、3週間かけて服用する量を上げていきました。
今は復活しているので、MAXの2/3で押さえていますが、いずれ1/3・・0ともっていかないといけないですね。

また、当初のうちは睡眠導入剤と睡眠薬を飲んでいましたが、不可逆性があるという人もおりましたので、出来るだけ飲まないようにして日中の運動で自然に眠れるようにいたしました。

今考えますとこの流れをきちんと作り上げることせできれば、少なくとも不眠に起因する症状は大幅に緩和するんじゃないかと思います。
運動するのに禁煙は非常にタメになりました。
会社を長期で休むとかで、ある程度のストレスから距離を取る予定がある方にはできるだけ早い段階での禁煙と、最初は散歩からでいいので、歩行を中心とした軽い有酸素運動をお勧めします。

まだ、ハゲが治っていないので目立つのがいやだなあとは思うのですが、どうにか調子もかつてほど下がっては来ません。
なんとか完治目指して日々送っていきたいというところです。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする