腰痛改善には柔軟性が必要

ちょっと前だったけど、NHKのためしてガッテンで腰痛もちは寝返りが少ないという話しがあっていました。

NHK ガッテン!「解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッド」
変わった切り口ですので「へー」と思ってみていたんですが・・・
『腰が痛い』
   ↓
『腰を保護する癖がついて本来の関節の使い方をしなくなる』
   ↓
『腰回りの筋力落ちる』
   ↓
『腰が痛い』
・・という事らしいです。

確かに、紹介されていた柔軟をやるととても伸びた感があっていい感じです。
ただ、問題は続けないことなんですよね。

まあ、ここんとこ数年は腰の痛みは落ち着いていますので忘れないようにちょこちょこやるとして、しばらく習慣にしたいなあというのがチューブトレーニングです。
普通のチューブを伸ばしたりするだけなんですけど、ここんとこ筋力の衰えをなんとなく感じてますので、どうせ時間もあることですし、ちょっとだけ体をリセットするために運動でもしておいて損はないのかな・・と。



こんなんで運動が習慣化するなら苦労はしないんですが、習慣化させるための仕組みづくりは確かにしてくれています。

だって、トレーナーが「調子いいじゃないですか」とか、「最近忙しかったんですか?」とか話しかけられたら、『よっしゃ今日も頑張るぞ』みたいな。
あと、ちゃんとコミュニティづくりもされていますね。
なかなかやるじゃないって話です。
index

元の話に戻りますが、先週から腰回りの柔軟体操と膝の裏の筋肉を柔らかくする体操を続けておりますが、夕方のちょっとした空いた時間に体を動かして思い通りの結果が得られるかですな。

なんといっても食べたり寝たりというのは何回繰り返しても辛くなりませんが、柔軟体操とか筋肉を鍛えたりというのはつらさを伴いますから、何かしらのモチベーションが必要になってくる部分もあるんです。

ただ、ご褒美が・・とか言い出したら、いったい何のために運動してるのかが不明確になってくるという・・


まあ、当面はチューブを伸ばしたりしつつ基礎代謝を上げるようにいたしましょう。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする