尊い人は良く聞き、愚かな人は自己を語る。

ダメなやつだからこそ

「人の話をよく聞きなさい」
子供の時から結構何回も言われてきたことですな。

大人になってさすがに50も過ぎて何年もすると叱ってくれる人も少なくなってくるので、自分がちゃんと出来ているかすごく不安です。

まあね、ダメならダメでそれに気づいていればまだマシというか、ほかの人に与える不快感ってのは減ると思うから、極力客観視できるような状況に自分を置いておきたいと思います。

ホントは、ちゃんとしてるのが望ましいんだろうけど、今の今までこれで済んできている状況から、こっから大きく変わることは難しいのかなと思ってます。

自分の話をするメリット・デメリット

私も営業職を長い間やってきたんで、人とのコミュニケーションの大変さとか手順とかの経験的なものは、それなりに経験を積んできたことがあります。

その中で一番気を付けているのが、自分のことを話しすぎないようにする事です。
僕はダメな人なんで、常にこれは意識しておかないとしゃべりすぎちゃうんですね。
それで結局墓穴を掘ると・・(-_-;)

営業職でといっても色々とあるので一概には言えないのですが、とにかくずっと喋らないといけないってことは無いはずなんです。
ですけど、営業職を始めたばかりだと、一瞬の静寂が怖いからとにかく喋りまくる・・
結果、墓穴を掘りまくる・・

自分が若い時に失敗したことがありますので、中年以降になったときに他のメーカの新人営業が来たりしたときは、わざと喋らなかったりして、どういう反応をするのか見てみたりしましたが、やはり同じようなことをする人が多いのを見てちょっと安心したりと。(^^ゞ

結局、自分が一生懸命喋っていると、相手のことを聞くってことが相対的に軽くなってしまいます。
結果的には、『君のお仕事は何なのかね??』という事になってしまいます。
円滑なコミュニケーションももちろん大事ですが、それ以上に、何のためにお話をしているんですか?という事でしょうね。
目的が何かという事は、どのような場合でも忘れてはいけないことの一つですからね。(^^;)

これからの数十年の中でも、機械が代替えできない仕事の一つが営業職らしいんで、また営業職に就くことになるのかもしれませんが、今までの経験なんかを活かせるような仕事に巡り合えたらいいなあと思う次第です。



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする