柔軟剤テロ

嫌な人にとっては地獄

最近、自動車での移動よりも公共の交通機関で移動することが増えたことから気が付いたことがあります。
柔軟剤のニオイがなんかすごいことになってませんか?

テレビCMとかでも色々と宣伝を見ていたのですが、そんなに周囲にバリアを張るくらい香りをつけないといけないんですかね?

「ヲヲッ!!」と感じるような柔軟剤+香水のコンボの時は、昔々、小学生だった時に授業参観でお母さんたちがクラスに大集合した時の香りの暴力を思い起こしてしまうほどです。

同じような気持ちの人っていないのかな?と思い、ネットで検索してみると、ありました。
結構昔からあるみたいですね。

柔軟剤の「香害」問題 背景に匂いにワガママな人の増殖あり

NEWSポストセブン|柔軟剤の「香害」問題 背景に匂いにワガママな人の増殖あり│

「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。

多分香水とかでもどんどんつけすぎていってしまうのと同じで、匂いが強いほうに強いほうに行っちゃうんでしょうけど、弱い人からするとこれはテロといってもいいレベルでしょう。
でも、電車の中では逃げ場ナシ・・
どんだけ地獄なんだよ・・・(-_-;)

香料でごまかすよりも

洗濯ものの生臭い香りが・・とか洗剤のCMでよくやってますけど、あれってカビの香りらしいですね。
我が家は、服とかの洗濯をする前に、「過炭酸ナトリウム」の水溶液に漬けておくようにしています。
これが安くて最強です。

漂白剤とかで使うような解説もありますが、色物も特に劇落ちすることもないので、何も考えずに漬け込んでますけど、衣類の香りなんかは全く変な残り香もなく自然なかんじなので使ってない人にはマジおすすめです。

使用上の注意としては、洗濯機の汚れ落としとかにも使われるので、洗濯ネットの使用が不可欠なところかな?

個人的に思うのは、香りづけはあくまでも自分の趣味というか嗜好の範囲内で留めていただいて、できうる限り公共の場所ではそういうのを押し付けては貰いたくないなあ・・というところです。(;^ω^)



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする