九州国立博物館にも行ってきた 

太宰府天満宮の横なんで

大宰府天満宮のネタが長くなっちゃったんで、もう一本別に書くことにしました。
太宰府天満宮の横に位置する、九州国立博物館なんですが、いつか行こうと思いながら中々行かないので、このままではいかないうちに死んでしまうかもしれないと思い、行ってまいりました。

今やっていたのは宗像のユネスコ登録の関係で、海上の要衝であった玄界灘の沖ノ島や朝鮮半島などの出土物を展示した特別展示があっておりました。

なかなか一堂に会することは無いと思われる6世紀ごろの金の指輪などが展示されていて、見に行けるなら行っておいても損はないのではないかと思いました。

入場料が1500円って高い?安い?と考えてしまうところですが、特別展示の内容次第でしょうね。
常設展示が460円という事を考えると、宗像の特別展示が1000円くらいという事でしょ?
なかなか本物を全部一緒に見る事は無いでしょうし、それにかかる手間を考えたらかなりお安いという事になるんじゃないかと思います。

見終わるのに2時間以上かかった

別に博物館マニアではない僕でも、何気にずーっと見ていたら2時間以上かかってしまいましたから、お好きな人ならもっと時間がかかるものと思われます。

ちょうど3連休という事もあってか、宗像市の漁協からグルメフェスタ的な物があっておりまして、入館前に少しいただきました。


フグの味噌汁が200円。
結構寒い日でしたので温まって良かったです。

外にも中にもちょっとした軽食をいただくことが出来るお店があるので、せっかく来たのに腹が減って気が散ってしまったという事の無いよう、事前におなかと相談しておいたほうがいいかも。

ちなみに、外にあるレストランは、ニューオータニがやっているので、中々すごい価格設定でした。
ラーメンが1800円くらいだったかな?

多分、僕みたいな下層民が食べたらおなか壊すレベルだと思いましたよ。w



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする