熊本の温泉を知ろう

今年の目標

どうせ今年いっぱいは会社勤めをする気も無いんで、せっかくだから今年はやりたくてもできなかったことを満喫することにしたいと思っています。
いい感じに治れば会社に行ってもいいんだろうけど、多分無理。(-_-;)

先日、大宰府に遊びに行って、その後、熊本まで足を延ばして温泉旅館に泊まってみたんですが、値段がかなり安いのに装備が凄い温泉を見つけたんです。

もうかれこれ10年以上前から、箱根などに比べたら価格が安いという事もあって、デベロッパーバブルが続いておりまして、最近ではバブル的な様相がかなり強まっているような気がします。
例えば別府。
メシなしで1泊3万とか4万というのは、九州までの足代を勘案して総合的な判断をした結果の宿代なのか大いに疑問です。(-_-メ)

本当に、この10年くらいで九州の温泉も関東関西のお客さんが増えたせいか、大してお湯がよくなかったりするのに値段は一丁前になってみたりするのを苦々しく思っておりましたが、今回発見した温泉は質実剛健かつリーズナブルで、昔はこういう温泉が多かったんだけどなあ・・と新年早々かなりいい気分になりました。

やはりネットでの情報だけではなく、自分の足を使って体験していかないといけないんだなと改めて思った次第です。(´・ω・`)

じゃらんとか楽天

昔はネットで調べても情報が無かったりしていたので、結構日記サイトの温泉好きの人のページなどを巡回しながら勉強していたんですが、最近は大手のサイトの口コミが充実していたこともあって、あまりどこがいいとか情報精度を上げるのをさぼっておりました。

便利なものは便利なものとして大いに利用するべきですが、利用する側のリテラシー自体が向上していないと、ステマで損をしないとも限りません。
難しいことを書いてますけど、よく知らないと口先で騙されかねないという事ですよね。(^^;)

でも、温泉なんていっぱいあるし、いちいち言って調べるって無理じゃね?と思ったあなた。
そこでGOOGLE先生の出番ですよ。
GOOGLEマップを開いて、温泉と入れて検索。
・・地道に見る。
これがまず一つの方法ですよね。
実際行かずとも、拡大した状態であれば、あまりガイドブックには出ないようなマイナーな温泉でも、地図に名称表示がされますから、実際に行かずとも何となく状況は判るし、気になったらその時は行けばいいんです。

もう一つは、近日中に是非やってみたいんですが、気象観測衛星の画像を解析して、地表温度から絞ってみるというもの。
アメリカのランドサットの赤外線データがメリーランド大学のHPで無償でダウンロードできるらしいんです。
データの利用方法を解説したPDFが見つかりましたんで、今月中くらいに一回試してみたいなと。

多分、デベロッパーの人たちもこういうデータを使ってボーリングなんかをしてるはずなんで、結構早い段階で開発情報が見つかるかもしれないですからね。
面白い結果が出そうなら、またネタとしてご報告します。(^^)/



ブログ村

暇つぶしになった時は、クリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする